高気密高断熱・SW工法

SW工法は、木造軸組工法をベースに高性能SWパネルをプラスした高気密・高断熱・高耐震構造。 冷暖房や計画換気システムを組み込んで、部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。

次世代のために、建設業者として出来る事は何か、又、しなければならないことは何かと考えたとき、弊社は、トステムの住宅工法である「スーパーウォール工 法」との出会いがありました。快適性、高耐震の安全性を持ち得ながら、かつ、省エネルギー、省資源の住宅です。

スーパーウォール工法の6つの特徴

高耐震快適健康

省エネ遮音自由設計

1.高耐震

地震や台風に強く、耐久性に優れています。

地震や台風に強いバランスのよい構造計画

木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネスをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。

ページ上部へ戻る▲

2.快適

一年中家中を快適温度にでき、ヒートショックも防ぎます。

廊下やトイレ、洗面も快適空間を実現

不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、SW工法住宅なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。


▲居室(SW工法)

▲居室(一般住宅)

▲トイレ(SW工法)

▲トイレ(一般住宅)

 

3.健康

室内の空気はいつも新鮮です。

今日ではすっかり定着した“水を買う”という概念。日常の“ありふれたもの”に着眼し、自ら選択・購入するということで「健康」等の付加価値を手にするという考え方です。これは、住まいの高気密化で汚れやすくなった「室内空気」にも当てはまります。高気密住宅であるSW工法住宅では、使用する建具などに配慮してシックハウスの原因を取り除くだけでなく、24時間計画換気でいつもキレイな空気を保ち、ご家族の健康を守ります。

ページ上部へ戻る▲

4.省エネ

冷暖房効率が高いです。

SW工法住宅は保温性が高いので、暖房を停止しても温度低下はゆるやか。真冬の凍てつく早朝でも、すっきり目覚める快適温度をキープでき、暖房を入れれば少ないエネルギーですぐに温まります。

SW工法のすぐれた保温性能と冷暖房との併用によって、一年を通して快適な居住環境を実現しています。
※一酸化炭素を室内に放出する開放型の暖房設備は使用できません。酸欠や一酸化炭素中毒の恐れがあります。

ページ上部へ戻る▲

5.遮音

驚くほど静かな室内環境です。

SW工法住宅の室内は、クルマやご近所からの騒音など、睡眠や大切な勉強などの妨げになる外部騒音も気にならない快適空間。また、楽器の演奏や映画鑑賞などで自らが大音量を出す場合にも、周囲を気にすることなく余暇時間を過ごせる快適な室内環境を実現します。

ページ上部へ戻る▲

6.自由設計

さまざまな外観スタイルに応える、フリープランニングの家づくり。

SW工法住宅は、和風から洋風までご要望に合わせて、自由に設計できるフリープラン住宅。
敷地の広さや周囲の街並みにも配慮して、お客様のこだわりが見える個性的な外観を実現できます。

施工例はこちら

ページ上部へ戻る▲