ZEH目標公表資料

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH 0% 0% 25% 25% 50%
NealyZEH 0% 0% 25% 50% 50%

 

1、ZEHの周知・普及に向けた具体策

HPや、チラシにZEHに取り組んでいる建設会社のPRを掲載し、広く周知していく。
また、地元のフリーペーパーへの掲載、自社イベントでの周知を行う。
自社の、ZEH企画住宅を作成し、数値や間取、仕様、金額等をお客様に分かりやすい形で伝えていく。
お客様へプレゼンの際に、ZEHの資料をお渡しする。

2、コストダウンに向けた具体策

弊社は、高気密高断熱高耐震のスーパーウォール工法を採用し、その工法を用いてZEHの基準達成を行う。
このスーパーウォール工法は、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーを受賞している工法であり、既存工法に色々なものを付加していくのではなく、品質管理された製品、確立された工法を使用することにより、コストダウンを図る。
また、計画段階より、採風・採光を考え計画・設計を行う。

3、その他の取り組みなど

スーパーウォール工法の取り扱いビルダーによる、SW会に参加している。年2回開催の「家つくり教室」において、エンドユーザー様に、これからの家つくり(ZEH)の大切さを伝える。
自社でも、「家つくり教室」を開催し、ZEHの普及・周知を行う。